CentOS 7にLAMP環境を導入する

LINEで送る
Pocket

こんにちは。今回のテーマは『CentOS 7にLAMP環境を導入する』です。LAMPとはLinux Apache MySQL PHPの頭文字を取ったものでWordPressを動かしたりPHPで開発をする際には多く用いられる環境です。CentOS 7上のLAMP環境を構築しましょう。
【関連記事】
Arch LinuxにLAMP環境を導入する方法
Ubuntu14.04にLAMP環境を導入する


【目次】
Apacheの導入と設定
MySQL(MariaDB)の導入と設定
PHPの導入と設定
MariaDBとPHPの連携テスト

Apacheの導入と設定

インストール

まずはApacheをインストールしてウェブサーバーが動く環境を整えましょう。
以下コマンドでApacheをインストールします。

$ sudo yum install httpd

Apacheの設定ファイルは/etc/httpd/conf/httpd.confにあります。このファイルでDocmentRootに設定されている/var/www/htmlがローカルwebサーバーのホームディレクトリになります。

Apacheの起動と起動設定

まずはSystemctlでhttpd.serviceをスタートさせます。

$ sudo systemctl start httpd.service

次に起動時に起動するように以下のように設定します。

$ sudo systemctl enable httpd.service

MySQL(MariaDB)の導入と設定

インストール

次にデータベースを使えるようにします。CentOSは現在ではMySQLを公式リポジトリから外して代わりに、そのフォークであるMariaDBを標準のデータベースとしています。MariaDBはMySQLと互換があり操作感は変わりません。ただしMySQLをインストールしたい場合はリポジトリを追加してインストールします。ここではMariaDBをインストールします。

$ sudo yum install mariadb mariadb-server

MariaDBの起動と起動設定

MariaDBを起動し、今後システム起動時に起動するように設定します。

sudo systemctl start mariadb.service
sudo systemctl enable mariadb.service

準備が完了したらMariaDBにアクセスします。

$ mysql -u root

このような画面が出ればOKです。
04

PHPの導入と設定

インストール

では次はPHPの準備をしていきます。まずは以下のコマンドでインストールします。

$ sudo yum install php php-mysql

PHPの動作テスト

テスト用のPHPファイルを作成します。

$ cd /var/www/html
$ vim index.php

以下のフレーズをファイルに書き込みます。

<?php
    phpinfo();
?>

ウェブブラウザでhttp://localhost/index.phpにアクセスします。以下のような画面が出ればOKです。
02

MariaDBとPHPの連携テスト

ここまでの作業でLAMP環境は整いました。最後にデータベースにデータを入れてPHPで取り出す簡単なテストを行いましょう。

MariaDBへのデータ入力

ここではPHPでデータを取り出せるか簡単なテストをすることを目的なので、root権限で作業します。

$ mysql -u root

以下はMariaDB(MySQL)での操作です。

mysql> use test
mysql> cleate teable sampletable (
       id int(3),
       color varchar(10)
       primary key(id)
       )
mysql> insert into sampletable values(1,'Black')
mysql> insert into sampletable values(2,'White')
mysql> insert into sampletable values(3,'Blue')

PHPの準備

ではPHP側で呼び出す準備をしましょう。

$ cd /var/www/html/
$ sudo vim test.php

test.phpに以下の内容を書き込みます。

<?php
    $connection = mysql_connect('localhost', 'root', '') or die('error(connect)');

    mysql_select_db('test', $connection) or die('error(select_db)');
    $data = mysql_query('select * from sampletable', $connection);
    
    echo '<ul sytle="list-style-type:square";>';

    while ($row = mysql_fetch_array($data)) {
    echo '<li>'.$row['id'].'.'. $row['name'] .'</li>';
    }
    echo '</ul>';

    mysql_close($connection);
?>

ウェブブラウザでhttp://localhost/test.phpにアクセスします。以下のように表示されてデータベースの内容が反映されればOKです。

  • 1.Black
  • 2.White
  • 3.Blue

お疲れ様でした。これでCentOS 7にLAMP環境を構築できました。

最後に

今回の設定はあくまでLAMP環境の導入です。取り敢えず使える状態にはなりましたが、ApacheやMariaDBにはまだまだ設定すべき点はあります。使っていく中で調整していけば良いと思います。

Sponsored Link


LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です