Arch Linuxアップデート後にBluetoothヘッドセットが接続できなくなった時の対処方法

公開日: : Arch Linux

 

こんにちは。今回のテーマは『Arch Linuxアップデート後にBluetoothヘッドセットが接続できなくなった時の対処方法』です。久しぶりにArch Linuxのシステム全体をアップデートしたらBluetoothヘッドセットが接続できなくなりました。原因はpulseaudioのパッケージが分割されたことによる影響だったようです。同様のエラーに遭遇している方の参考になれば幸いです。


【目次】
アップデート後にBluetoothヘッドセットが接続できない
Vim用Markdownプラグインmdforvimがもっと使いやすく
pulseaudio-bluetoothをインストールして再接続

アップデート後にBluetoothヘッドセットが接続できない

筆者はいつもbluetoothctlを使用してCLIでヘッドセットを接続するのですが、今回は以下のようなエラーが出ました。

[bluetooth]# > connect <機器アドレス>
Attempting to connect to <機器アドレス>
Failed to connect: org.bluez.Error.Failed

ここでbluetoothのログを以下コマンドで確認してみることにしました。

$ systemctl status bluetooth

以下のような表示表示があります。

a2dp-sink profile connect failed for <機器アドレス> Protocol not available

ここでPulseAudioのパッケージが分割されたことを思い出しました。bluetoothヘッドセットを接続するにはpulseaudio-bluetoothパッケージが必要です。(Arch Linuxニュース参照)

pulseaudio-bluetoothをインストールして再接続

bluetoothヘッドセットを使えるようにするため早速pulseaudio-bluetoothをインストールしましょう。

$ sudo pacman -S pulseaudio-bluetooth

インストールが完了したらbluetoothctlで接続を試みます。

$ bluetoothctl
[bluetooth]# connect <機器アドレス>

今度は接続に成功しました。
スクリーンショット_2015-10-18_17-42-48

最後に

Arch Linuxは長いこと放置しておくと仕様が変わることが多く、思わぬエラーに見舞われることが良くあります。Arch Linuxの公式ページのニュースに目を通してシステムの更新についていくべきですが、一方で、大きな仕様変更が潜んでいることもあり、大事な作業時には更新を避けてそのまま・・・なんてことにもなりがちです。筆者のようにならないように定期的にメンテナンスをしましょう。

【関連記事】
Arch LinuxでBluetoothを使う
Arch LinuxでBluetoothヘッドセットを使う

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 映画と読書を愛するLinuxユーザー
    趣味はプログラミングとPC

    github:Kuro_Code25
    E-mail:kuro.code25@gmail.com

    記事更新のフォローはRSSやTwitterが便利です

    クロの仲間たち
    ※無断転載はご遠慮ください

  • にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
  • クロが作ったAndroidアプリがリリース!
    使いやすい単位変換アプリ

    使いやすい割り勘アプリ

    使いやすい調味料計算アプリ
PAGE TOP ↑