Arch LinuxでChromiumにFlash Playerをインストールする

公開日: : 最終更新日:2014/06/28 Arch Linux

 

こんにちは。今回のテーマはChromiumブラウザへのFlashPlayerの導入です。筆者は通常Firefoxを使用していますが、Flash動画を見るときにはPulseオーディオとの連携に不具合が起こることが多く、最近ではChromiumブラウザを使用しています。(個人的所感ですがChromiumブラウザの方はPulseaudioと相性が良いです)

Arch Linuxの公式リポジトリにはAdobe製FlashPlayerのパッケージとしてflashpulginが用意されていますが、このパッケージを導入してもChrmiumブラウザでは使用できません。そこで、Arch LinuxでもChromiuブラウザで快適に動画を楽しむべくFlashPlayerを導入します。(個人的にはHTML5の普及を願っていますが・・・)


え?FlashPlayer入ってないの?

Google Chromeと言えばFlashPlayerが入っているブラウザとして有名ですが、Arch Linuxの公式リポジトリから配布しているChromiumにはFlashPlayerは入っていません。よってプラグイン設定画面にも出てきません。手動でインストールする必要があるのです。

※Chromiumブラウザは以下コマンドでインストールできます。

$ sudo pacman -S chromium

chromium-pepper-flashのインストール

Adobe社からFlashプレイヤーをダウンロードしても良いのですが、パッケージ管理は基本的にpacmanで行いたいので今回はAURを活用します。AURの利用方法はAUR(Arch User Reposytory)を活用する方法をご覧ください。

AURからのダウンロード

まずはhttps://aur.archlinux.org/packages/chromium-pepper-flashにアクセスしてtarballをダウンロードしてください。
01

ダウンロードしたtarballはお好きなディレクトリに入れてください。今回は~/tempディレクトリに入れました。

以下コマンドでpacman用のパッケージを作成しましょう。

$ cd ~/temp
$ tar zxf chromium-pepper-flash.tar.gz
$ cd chromium-pepper-flash
$ makepkg -s

これでchromium-pepper-flashディレクトリにchromium-pepper-flash-14.0.0.125-2-i686.pkg.tar.xzファイルが作成されればパッケージ作成は成功です。

インストール

ではpacmanでインストールしましょう。

$ sudo pacman -U chromium-pepper-flash-14.0.0.125-2-i686.pkg.tar.xz

余談ですが、公式リポジトリ以外のパッケージをpacmanでインストールした場合、そのパッケージ一覧は以下のコマンドで確認できます。

$ pacman -Qm

設定

ではChromiuブラウザでプラグインを有効にしましょう。
Chromiumブラウザを起動しchrome://pluginsにアクセスしてください。
図のような設定画面が出ます。Adobe Flash Playerの部分を「常に許可する」にチェックを入れてください。
02

以上でArch LinuxでもChromeブラウザでFlashPlayerが利用可能になります。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 映画と読書を愛するLinuxユーザー
    趣味はプログラミングとPC

    github:Kuro_Code25
    E-mail:kuro.code25@gmail.com

    記事更新のフォローはRSSやTwitterが便利です

    クロの仲間たち
    ※無断転載はご遠慮ください

  • にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
  • クロが作ったAndroidアプリがリリース!
    使いやすい単位変換アプリ

    使いやすい割り勘アプリ

    使いやすい調味料計算アプリ
PAGE TOP ↑