AUR(Arch User Reposytory)を活用する方法

公開日: : 最終更新日:2014/11/08 Arch Linux

 

AURってなに?

AURはThe Arch User Reposytoryの略でコニュニティによるユーザーが参加可能なリポジトリです。Ubuntuを使っている方はきっとサードパーティリポジトリとしてLaunchPadを登録している方も多いと思います。Arch Linuxでは公式リポジトリでは扱っていないパッケージを扱うためのリポジトリとしてAUR(Arch User Repository)があります。しかし、UbuntuにおけるLaunchPadとは少し使い方が異なります。

パッケージのビルドは自分でする

LaunchPadとの大きな違いはバイナリファイルが置いていないということです。AURからは○○.tar.gzファイルがダウンロードできますが、この中身はPKGBUILDというビルド手順が書かれたファイルとソースファイルです。ユーザーはmakepkgコマンドでビルドする必要があります。

関連記事:Arch LinuxでArch Build System (ABS)を使う方法


2ちゃんねるブラウザ「JD」をインストールしてみる

実際に使ってみよう

BSDやgentoo、slacwareを使っていた方ならば上記説明だけでニュアンスがつかめたと思いますが、
UbuntuやFedoraのユーザーには少し馴染みにくいと思います。
そこでAURを実際に使ってみましょう。

AURにアクセスする

2ちゃんねる専用ブラウザ「JD」の説明は今回は省略します。(笑)
AURホームへ行きましょう。
今回は検索窓に「jd」と入力し「JD」のページに飛びます。

AURホームでjdを検索

 

jdの検索結果

 

拡大図

 

PKGBUILDを確認する

パッケージアクション部分の「PKGBUILDを見る」を押してみるとPKGBUILDの中身が見られます。
この記述に従ってパッケージがビルドされます。

# Maintainer: Romain Labolle

pkgname=bluegriffon
pkgver=1.7.2
pkgrel=1
pkgdesc='The next-generation Web Editor'
url="http://bluegriffon.org/"
arch=('i686' 'x86_64')
license=('MPL' 'GPL' 'LGPL')
depends=('libpng' 'libjpeg' 'desktop-file-utils' 'libxt' 'mime-types' 'nss' 'shared-mime-info' )
makedepends=('wget')
install='bluegriffon.install'
source=("http://bluegriffon.org/freshmeat/${pkgver}/bluegriffon-${pkgver}.Ubuntu13.04.$CARCH.tar.bz2"
'bluegriffon.desktop'
'bluegriffon.install'
)
md5sums=('33ed2194189b012bb36a02a30aeb52df'
'e532ce3a2163d91b11a19176dcf2dbe1'
'42d885a1665f32babc8045b2041949ea'
)
[ "$CARCH" = "x86_64" ] && md5sums[0]='fbae6365980d87dde5e4ce044d55be38'

package() {
cd ${srcdir}
mkdir -p ${pkgdir}/{usr/{bin,share/{applications,pixmaps}},opt}
cp -R bluegriffon ${pkgdir}/opt/${pkgname}

ln -s /opt/${pkgname}/bluegriffon ${pkgdir}/usr/bin/${pkgname}
install -m644 ${srcdir}/${pkgname}.desktop ${pkgdir}/usr/share/applications/
install -m644 ${srcdir}/bluegriffon/chrome/icons/default/default48.png ${pkgdir}/usr/share/pixmaps/${pkgname}-icon.png
}

 

tarballをダウンロード

次に「tarballのダウンロード」を押してファイルをダウンロードしましょう。
jd.tar.gzファイルがダウンロードされます。
以下コマンドで解凍しましょう。

$ cd <ダウンロード先ディレクトリ>
$ tar -zxvf jd.tar.gz

jdというディレクトリができて中には先ほど確認したPKGBUILDファイルが入っています。

ビルドしよう

ではビルドしていきましょう。

$ cd jd
$ makepkg -s

※オプション-sを使うとsudoを使って依存関係を自動で解決します。
ちょっと待っていればビルドされたパッケージjd-2.8.7-1-i686.pkg.tar.xzが作られます。

インストール

ビルドしたパッケージはpacmanで扱えるようになります。
ではpacmanを使ってインストールしましょう。

$ sudo pacman -U jd-2.8.7-1-i686.pkg.tar.xz

これでAURからのパッケージのインストールは完了です。
AURを使えるようになると公式リポジトリにないパッケージもインストール可能になります。
ちなみに、公式リポジトリ以外からインストールしたパッケージは

$ pacman -Qm

で調べることができます。

AURはユーザーが参加できるリポジトリ

最後になりますが、AURはユーザーの貢献で成り立っています。
PKGBUILDが書ければ現在登録されていないパッケージを投稿することもできます。
また、気に入ったパッケージには「投票(vote)」することもでき、投票数が増えると
公式リポジトリに追加されるかも知れません。
まさにArch Linuxの運営に直接関われるというのも面白いと思いませんか?

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 映画と読書を愛するLinuxユーザー
    趣味はプログラミングとPC

    github:Kuro_Code25
    E-mail:kuro.code25@gmail.com

    記事更新のフォローはRSSやTwitterが便利です

    クロの仲間たち
    ※無断転載はご遠慮ください

  • にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
  • クロが作ったAndroidアプリがリリース!
    使いやすい単位変換アプリ

    使いやすい割り勘アプリ

    使いやすい調味料計算アプリ
PAGE TOP ↑