Ubuntu18.04にMariaDBを導入する

公開日: : Ubuntu

 

こんにちは。今回のテーマは「Ubuntu 18.04にMariaDBを導入する」です。VPS上のUbuntuサーバーにWordPressを導入する準備の一環としてMariadbを導入しました。最近はPostgresqlを触ることが多くて忘れている点もあったので備忘録を兼ねて書き残しておきます。


【目次】
パッケージのインストール
初期設定

パッケージのインストール

まずはパッケージのインストールです。aptコマンドで簡単にインストール出来ます。


$ sudo apt install mariadb-server  mariadb-client

これでパッケージのインストールは終わりです。簡単ですね。

初期設定

rootユーザーにはプラグインにunix_socketが設定してあり、システムのログインユーザーとmariadbのユーザーが一致しないと認証できません。(PostgreSQLのpeerみたいな感じですね)そこでrootユーザーになって初期設定を行っていきます。


$ su -
パスワード入力
[root]$ mysql_secure_installation

以下はmysql_secure_installationによる対話型インターフェースです。


NOTE: RUNNING ALL PARTS OF THIS SCRIPT IS RECOMMENDED FOR ALL MariaDB
      SERVERS IN PRODUCTION USE!  PLEASE READ EACH STEP CAREFULLY!

In order to log into MariaDB to secure it, we'll need the current
password for the root user.  If you've just installed MariaDB, and
you haven't set the root password yet, the password will be blank,
so you should just press enter here.

# rootパスワードは設定していないのでエンターでOK
Enter current password for root (enter for none): 
OK, successfully used password, moving on...

Setting the root password ensures that nobody can log into the MariaDB
root user without the proper authorisation.

# yを押してrootパスワードを設定します。
Set root password? [Y/n] y
New password: 
Re-enter new password: 
Password updated successfully!
Reloading privilege tables..
 ... Success!


By default, a MariaDB installation has an anonymous user, allowing anyone
to log into MariaDB without having to have a user account created for
them.  This is intended only for testing, and to make the installation
go a bit smoother.  You should remove them before moving into a
production environment.

# yを押して匿名ユーザーを削除します。
Remove anonymous users? [Y/n] y
 ... Success!

Normally, root should only be allowed to connect from 'localhost'.  This
ensures that someone cannot guess at the root password from the network.

# yを押してrootユーザーでのリモートログインを不可にします。
Disallow root login remotely? [Y/n] y
 ... Success!

By default, MariaDB comes with a database named 'test' that anyone can
access.  This is also intended only for testing, and should be removed
before moving into a production environment.

# yを押してtestデータベースを削除します。
Remove test database and access to it? [Y/n] y
 - Dropping test database...
 ... Success!
 - Removing privileges on test database...
 ... Success!

Reloading the privilege tables will ensure that all changes made so far
will take effect immediately.

# yを押して権限についての設定をリロードします。
Reload privilege tables now? [Y/n] y
 ... Success!

Cleaning up...

All done!  If you've completed all of the above steps, your MariaDB
installation should now be secure.

Thanks for using MariaDB!

これで初期設定が終わりました。
この時点でデータベース作成権限やユーザー作成権限のあるユーザーを作成しておくとrootユーザーにならずに作業ができて便利かも知れません。

最後に

MariaDBをインストールするだけの何の変哲もない記事になってしまいました。まあ、続けることが大事だと思っていますので、今後共よろしくおねがいします。

この記事が何かのお役に立てば幸いです。

【関連記事】
VPSをレンタルした際に行うSSHの設定まとめ

Sponsored Link

  • 223 follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Linux App Dataに参加しよう!
  • 映画と読書愛するプログラマー。Androidな人だったけど気がついたらサーバーサイドへ。
    Linux App Dataを主宰しています。

    github:Kuro_Code25
    E-mail:kuro.code25@gmail.com

    記事更新のフォローはRSSやTwitterが便利です

    クロの仲間たち
    ※無断転載はご遠慮ください

  • にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
  • クロが作ったAndroidアプリがリリース!
    使いやすい単位変換アプリ

    使いやすい割り勘アプリ

    使いやすい調味料計算アプリ
PAGE TOP ↑