Slackwareのパッケージ管理ツールslackpkgを使う

公開日: : Slackware

 

こんにちは。今回のテーマは『Slackwareのパッケージ管理ツールslackpkgを使う』です。slackpkgは公式なパッケージ管理ツールであり、これを使うことで公式パッケージの管理がぐっと楽になります。手動のパッケージ管理も趣深いですが、利便性を優先するなら使ってみる価値があると思います。
【関連記事】
Slackware14.1でソースからパッケージを自作する
Slackware 14.1を使ってみた


【目次】
slackpkgで何が出来るの?
公式リポジトリを管理するならslackpkgが簡単
slackpkgのインストールと設定
slackpkgを使おう

slackpkgで何が出来るの?

オンライン上のSlackware公式リポジトリとローカルをシームレスにつないでパッケージ管理ができるようになります。UbuntuではAPT、Fedoraで言えばyumのような存在です。公式パッケージの管理はslackpkgに任せることにより一つひとつHP上から検索してダウンロードしてくる手間が省けます。オンランリポジトリのパッケージを検索し、インストールやアップグレードができます。

ただslackwareだけではSlackwareはさほど便利に感じられないと思います。これは一重に『Slackwareの公式パッケージが少ない』ためです。slackpkgは便利なツールですが、対象となるパッケージが少ないために、出番も少ないというわけです。

公式リポジトリを管理するならslackpkgが簡単

そのようなツールをなぜ使うのか?ここまで読んだ方の疑問は分かります。しかし、公式リポジトリが提供しているパッケージを管理するには手動で行うのに比べて圧倒的に便利です。slackpkgを用いない場合はpkgtoolを用いて手動で一つひとつインストールやアップグレードをしなくてはいけません。(それはそれで楽しいのですが)

slackpkgのインストールと設定

インストール

slackpkgがインストールされていない状態ではslackpkgを手動でインストールする必要があります。筆者は以下の手順でインストールしました。(Slackware 14.1の場合です)パッケージのダウンロードはウェブブラウザでもOKです。

$ mkdir ~/tmp
$ cd ~/tmp
$ wget http://packages.slackware.com/?r=slackware-14.1&p=slackpkg-2.82.0-noarch-12.tgz
$ su -
root# installpkg slackpkg-2.82.0-noarch-12.tgz

ミラーの設定

リポジトリのミラーを設定します。

root# vim /etc/slackpkg/mirrors

任意のミラーサーバーをコメントアウトします。筆者は以下の部分をコメントアウトしました。

ftp://riksun.riken.go.jp/Linux/slackware/slackware-14.1/

/local/binへのリンク(任意)

/local/bin/にリンクしておくと一般ユーザーとしてsudoなどでslackpkgを使えるようになります。以下コマンドでシンボリックリンクを張ります。

root# ln -s /usr/sbin/slackpkg /usr/bin/

slackpkgを使おう

slackpkgの基本的な使い方

基本的なコマンドは次項を見て下さい。ここでは簡単に使い方を紹介します。

#1. 最初はオンラインリポジトリとの同期
オンラインリポジトリとローカルのパッケージリストを同期させるために以下のコマンドを実行します。

root# slackpkg update

#2. システム全体の更新はupgrade-allで
システムの中の全てのパッケージをアップグレードする場合には以下のコマンドを実行します。このコマンドはAPTだとapt-get upgradeに相当します。

root# slackpkg upgrade-all

実行するとアップグレードするパッケージが表示されます。
01

#3. パッケージのインストールも簡単
パッケージのインストールは他のディストロのパッケージ管理ツールと変わりません。以下のようにコマンドを実行するだけです。

root# slackpkg install <パッケージ名>

slackpkgの基本コマンド

以下にはslackpkgの基本的なコマンドを紹介します。全てのコマンドを見るにはman slackpkgを実行して下さい。

操作 コマンド
パッケージリストの更新 slackpkg update
全てのパッケージを更新 slackpkg upgrade-all
特定のパッケージを更新 slackpkg ugrade <パッケージ名>
パッケージをキーワードで検索する slackpkg search <キーワード>
パッケージをインストールする slackpkg install <パッケージ名>
パッケージを削除する slackpkg remove <パッケージ名>
パッケージの情報を表示する slackpkg info <パッケージ名>
パッケージをダウンロードする slackpkg download <パッケージ名>

最後に

ユーザーが手動でパッケージ管理をしてこそSlackwareと感じる方にとってはSlackwareが公式にパッケージ管理ソフトを備えることに違和感を感じているかも知れません。オンラインリポジトリでのパッケージ管理が一般的となった現在ではSlackwareも時代に合わせた形に変化してきているのかも知れませんね。Slackwareのもうひとつの重要なパッケージマネージャーsbopkgについては機会を改めて紹介できればと思います。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 映画と読書を愛するLinuxユーザー
    趣味はプログラミングとPC

    github:Kuro_Code25
    E-mail:kuro.code25@gmail.com

    記事更新のフォローはRSSやTwitterが便利です

    クロの仲間たち
    ※無断転載はご遠慮ください

  • にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
  • クロが作ったAndroidアプリがリリース!
    使いやすい単位変換アプリ

    使いやすい割り勘アプリ

    使いやすい調味料計算アプリ
PAGE TOP ↑