【python】Bottleフレームワークで簡単なWebアプリを作る(その3)

公開日: : プログラミング

 

こんにちは。今回のテーマは『【python】Bottleフレームワークで簡単なWebアプリを作る(その3)』です。BottleというシンプルなWebフレームワークを使って簡単なwebアプリを作ってみる企画の3回目です。今回は登録した書籍の一覧画面を作成していきます。編集機能と削除機能を有する単純な一覧画面を作っていきます。

※本記事はpython製フレームワークBottleで簡単なWebアプリを作る(その2)の続きとして書かれていますので、初めての方はまずコチラをご覧になることをオススメします。


【目次】
一覧表示画面の作成
削除機能の追加

一覧表示画面の作成

BDに登録された書籍の一覧を表示する画面を作っていきます。

一覧画面用の関数をroutes.pyに登録します。中身は非常に単純でDBから取得した書籍一覧のオブジェクトとヘッダー配列をテンプレートに渡しています。

list関数(views.py)

テンプレート
テンプレートも渡されたヘッダー配列とオブジェクトをループで表示するだけです。

template/list.html

編集・削除機能の追加

一覧画面から内容を編集機能と削除機能を行える機能を付けていきます。テンプレートにはすでにボタンを追加してあるのでroutes.pyに関数を追加します。

編集機能

編集に関しては既存のadd関数を再利用します。追加ボタンを押下した際にGETパラメータでIDを渡してやります。

add関数(views.py)

削除機能

一覧画面の削除ボタンが押された場合の削除機能はURL指定された書籍IDの書籍を論理削除することにします。(サンプルのため論理削除の是非については議論しません)

delete関数(views.py)

最後に

とりあえずBottleを使用した簡単なウェブアプリの紹介を終えます。正直Bottleの機能の中でもルーティング機能しか紹介できず、あまり参考にならない記事になってしまったなと反省しています。ただBottleも専用の便利なプラグインが開発されており実用的なWebアプリケーションの作成にも耐えられる用になってきています。もう少しその辺りをお伝え出来る記事を書くべきでしたが、力不足でした。また機会があればチャレンジしたいと思っています。

【関連記事】
python製フレームワークBottleで簡単なWebアプリを作る(その1)
python製フレームワークBottleで簡単なWebアプリを作る(その2)

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 映画と読書を愛するLinuxユーザー
    趣味はプログラミングとPC

    github:Kuro_Code25
    E-mail:kuro.code25@gmail.com

    記事更新のフォローはRSSやTwitterが便利です

    クロの仲間たち
    ※無断転載はご遠慮ください

  • にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
  • クロが作ったAndroidアプリがリリース!
    使いやすい単位変換アプリ

    使いやすい割り勘アプリ

    使いやすい調味料計算アプリ
PAGE TOP ↑