Linuxとの出会い(1)

LINEで送る
Pocket

Linuxの存在を知ったのは私が高校生の頃だから、もうかれこれ10年以上前のことだ。
図書館のパソコンコーナーで手に取った本でその存在を知った。

やたらに無料で素晴らしいOSが使えるってことが強調されていた気がする。

が、しかしだ・・・
じゃあ、どうやってインストールして動かせばいいのかって話になると
非常に難解だった。
当時の私にはどうすればLinuxが自宅のパソコン(Mac)で動くのかサッパリ不明だった。

その本が悪いというより、Linuxがまだ一般人の方に向いてなかったんだろう。
当時GUIのインストーラーなどなかった。(じゃないかな、おそらく)
当然、デュアルインストールなどという言葉も概念も知らない私には
CUIインストール画面や英語のコマンドの羅列を見て、これは手に負えないと諦めたのだ。

高校生の頃の私はMac使いで、Windowsを目の敵にしていた。(笑)
だが、一方で、Apple社の都合で新しいOSのマシンが出るごとに
古いソフトが使えなくなったりする現状に、懐疑心と不満と募らせていた。

企業の都合に振り回されないOSがあるなら素晴らしい・・・
それが正直な感想だった。

図書館の書籍にはインストール用のCDーROMがついていたが
一家に一台しかない高価なMacに入れてみる勇気はとてもなかったし、
親からも
「そんなもん入れて、Macが壊れたらどうするんだ」
と言われ断念した。

無料だけど、とても難解でプログラミングが出来て
自分でソフトウェアを作れる人間だけが扱えるOS・・・
それが高校生時代の私のLinuxに対するイメージだった。

Sponsored Link


LINEで送る
Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です