YoutubeをHTML5で再生する

公開日: : 最終更新日:2014/04/29 Linux全般

 

Flash Playerへの依存度を減らしたい

Flash Playerの記事をUPしたからか、
“Linux Mint Flash 見れない”等の検索で当ブログへたどり着く方も多いようだ。
→記事:Flash Playerに新たな脆弱性で緊急アップデート公開

なに?MintでFlash動画が見れない?
と思い確認したが、当方の環境ではLinux MintでYoutubeをFlashで見れた。

しかし、調べてみるとFlashPlayerのアップデートで 動画再生ができなくなる等の不具合はあるようだ。

なんとかFlash Playerへの依存度を減らしておきたいと考えている。
とはいえ、今すぐにFlashがなくなったら困るのも事実だ。

YoutubeをHTML5で見よう

そこで少なくともYoutubeぐらいはFlashに頼らず再生したいと思った。
最近はスマートフォン向けに脱Flash化が進み、
HTML5で再生できる動画も以前よりずっと増えている。

1.用意するもの

WEBブラウザ・・・だけ
2014年2月時点でHTML5への対応が確認されているブラウザ

  • Firefox
  • Chromium
  • Internet Explorer
  • Safari
  • Opera
  • ※HTML5についてはWikipediaを参照ください

    当方はFirefoxで確認しました。

    2.設定

    以下のURLからYoutubeの設定画面に行く
    http://www.youtube.com/html5

    「HTML5 プレーヤーをリクエストする」を押す
    表示が「デフォルト プレーヤーを利用する」に変わる

    これで設定終了だ。

    HTML5で再生できているかは動画再生中に右クリックしてみれば良い。
    Flashの設定画面が出てきたらFlashを使っている状態。
    「HTML5プレーヤーについて」というメニューが出てくればOK

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • 映画と読書を愛するLinuxユーザー
      趣味はプログラミングとPC

      github:Kuro_Code25
      E-mail:kuro.code25@gmail.com

      記事更新のフォローはRSSやTwitterが便利です

      クロの仲間たち
      ※無断転載はご遠慮ください

    • にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
    • クロが作ったAndroidアプリがリリース!
      使いやすい単位変換アプリ

      使いやすい割り勘アプリ

      使いやすい調味料計算アプリ
    PAGE TOP ↑