Arch Linuxをインストールする

公開日: : 最終更新日:2014/09/20 Arch Linux

 

Debianとのデュアルインストール

今回はDebian WheezyがインストールされているPCにArch Linuをインストールしました。
Arch Linux公式のビギナーズガイドがとても分かりやすいです。

<インストール環境>

マシン FMV-BIBLO MG/C75
既存OS Debian
インストール先HDD 98GB
RAM 2GB
SWAP領域 5.6GB(Debianと共用)
ネット接続 有線

LiveDVDの起動

Live CDもしくはDVDはココから入手しましょう。

Archをディスクをブートします。
 ※既存OSが起動する方はBIOS設定で起動順を変更してください。

起動するとこんな画面が出る。

32bitと64bit好きなほうを選んでEnterキーを押す。
私は32bitをインストールしました。

インストール準備

キーボードレイアウト設定

標準設定では不便なので日本語キーボード用に設定します。

# loadkeys jp106

(2014年9月15日修正 誤:ja106 →正:jp106)

フォントの設定

文字化け対策としてフォントを変えておきましょう。

# setfont Lat2-Terminus16

ネットワーク接続の確認

基本的に作業は有線で行うのが良いと思います。
DHCPを使用していれば自動で認識されます。
家庭用ルーターでネットに接続してる方は大抵LANボードが認識されるはずです。
どうしても無線で作業が必要な方は こちらを参考にしてください。

<確認作業>

# ping -c 3 www.google.com

以下のような結果が出ればOKです。

もし

ping: unknown host

のエラーが出たら接続が確立されてません。 
コチラを見ながら設定作業をしてください。

パーティションの設定

自信の無い方や初心者の方はKnoppixやUbuntuのLiveDVDを使ってGUI環境でセッテイングした方が良いです。
オススメはGpartedです。GUIを使ってパーティションニングする場合は以下の作業は不要です。

私の場合はパーティションテーブルはMBRで既にDebianが入っている状態です。
Arch Linuxに付属のfdiskでパーティションを作成していきます。

# fdisk /dev/sda

<パーティションテーブルを作成>

Command (m for help): o と入力して Enter を押す

<パーティションを作成>

Command (m for help): n と入力して Enter を押す
Partition type: Select (default p): Enter を押す
&Partition number (1-4, default 1): Enter を押す
First sector (2048-209715199, default 2048): Enter を押す
Last sector, +sectors or +size{K,M,G} (2048-209715199....., 
default 209715199): +80G (作りたい容量を指定) と入力して Enter を押す

今回はSwap領域はDebianと共用のため作成しませんでした。

必要な方はSwap用のパーティション(RAMの1〜2倍程度の容量)を作成してください。

Command (m for help): p と入力して Enter を押す

以下の例のように作成したパーティションが出力されます。

Disk /dev/sda: 107.4 GB, 107374182400 bytes, 209715200 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x5698d902

   Device Boot     Start         End     Blocks   Id  System
/dev/sda3       31459328   209715199   89127936   83   Linux

それから変更をディスクに書き込んで下さい:

Command (m for help): w と入力して Enter を押す

全てがうまくいくと、fdisk は以下のメッセージを表示して終了します:

The partition table has been altered!

Calling ioctl() to re-read partition table.
Syncing disks.

<パーティションのフォーマット>

# mkfs.ext4 /dev/sda3   (←自分の作ったパーティション)

swap 用のパーティションを作った場合はフォーマットして有効にして下さい。

# mkswap /dev/sdaX
# swapon /dev/sdaX

パーティションのマウント

では作ったパーティションをマウントしましょう。
私のHDDの構成です

sda      8:0    0 298.1G  0 disk 
├─sda1   8:1    0  93.1G  0 part  #Debian用
├─sda2   8:2    0     1K  0   #拡張パーティション
├─sda3   8:3    0  97.7G  0 part /  #←ここにArchを入れる
├─sda4   8:4    0  45.8G  0 part /media/HDD #データBackup用
├─sda5   8:5    0  55.9G  0 part  #Debianの/Home/ 
└─sda6   8:6    0   5.6G  0 part [SWAP] #Swap領域

今回はsda3にrootもhomeも作ります。

# mount /dev/sda3 /mnt/

※homeディレクトリを分けたい方は

# mkdir /mnt/home
# mount /dev/sdaX /nmt/home

として別にマウントしてください。

ミラーの選択

インストールするデータをダウンロードする場所を選びましょう。
特に理由が無い限り日本で良いと思います。

# nano /etc/pacman.d/mirrorlist

ctrl+w“キーで検索画面を出してjapanと入力し”Enter”キーを押す。
ctrl+6“キーで以下の行をコピー

Server = http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ArchLinux/$repo/os/$arch

Pgupキーでページをロールアップし
ミラーリストの一番上に”ctrl+u“で貼り付ける。
編集を終えたら”ctrl+x“で終了する。
保存するか聞かれるので”y“と入力しEnterキーを押す。

インストール作業

インストール

さて、準備が整いました。
GUI環境は後で導入するとして、まずは最低限のシステムをインストールします。

# pacstrap -i /mnt base base-devel

Fstabの作成

Fstabファイルを作成しておかないと、HDDへの書き込み権限がなくなりますので
忘れずに作成しましょう。

# genfstab -U -p /mnt >> /mnt/etc/fstab
# nano /mnt/etc/fstab

※エラーが起きてもgenfstabは再度行わない。修正する場合は エディタで/mnt/etc/fstabを修正する。

 システム設定

Chrootでシステムに入る

では、いよいよインストールしたシステムに入り設定していきましょう

# arch-chroot /mnt /bin/bash

localeの設定

<locale.genの編集>

# nano /etc/locale.gen

以下の行をコメントアウトする

en_US.UTF-8 UTF-8
ja_JP.UTF-8 UTF-8
# locale-gen

<locale.confファイルの作成>
環境変数LANGの設定をしておきましょう。

※ここで日本語を設定すると文字化けします。
日本語の設定はGUI環境を整えた後にしましょう。

# echo LANG=en_US.UTF-8 > /etc/locale.conf
# export LANG=en_US.UTF-8

コンソールフォントとキーマップ新システム用の設定

新システムでのキーボードレイアウトとフォントを設定しましょう。

# loadkeys jp106
# setfont Lat2-Terminus16

再起動後もキーマップ設定を持続させるために、vconsole.conf を作成

# nano /etc/vconsole.conf

以下を記載し保存する。

KEYMAP=jp106
FONT=Lat2-Terminus16

タイムゾーン設定

日本に在住の方は以下の設定で良いと思います。

# ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

※日本国外以外の方はでお好きな場所を設定してください。

# ln -s /usr/share/zoneinfo/<zone>/<subzone> /etc/localtime

時間設定

ハードウェアクロックはUTCが推奨されています。

# hwclock -w -u

Windowsとデュアルブートする方はココを見てください。

ホストネームの設定

# echo <host名> > /etc/hostname

ネットワーク設定

<有線(dhcpcdを使う)>
現段階では以下コマンドで問題ないと思います。
これを忘れると後でネットに繋がらなくなります。

# systemctl enable dhcpcd.service

ネットワーク管理サービスは他にもありますが
GUI環境構築後に設定すれば良いと思います。

pacmanの設定

以下コマンドを実行

# nano /etc/pacman.conf

[core][extra][community]のリポジトリが有効か確認する。

[core]
Include = /etc/pacman.d/mirrorlist

[extra]
Include = /etc/pacman.d/mirrorlist

[community]
Include = /etc/pacman.d/mirrorlist

※64bitを使う方は[multilib]も有効にしておきましょう。

rootパスワードの設定

以下コマンドを実行しパスワードを決定する。

# passwd

ユーザー登録

以下コマンドを実行してユーザー登録しましょう。

# useradd -m -g users -G wheel -s /bin/bash <ユーザー名>
# passwd <ユーザー名> Enter new UNIX password: ******(パスワード入力)

Grubのインストールと再起動

ブートローダーのインストール

私自身はGrubをDebian側でインストールしたので
Debian側で

# update-grub

してArch Linuxを自動認識させました。

Arch Linuxからインストールする場合は以下を実行
<Grubのインストール>(2014年9月11日修正)
Biosマザーボードの場合

# pacman -S os-prober
# pacman -S grub
# grub-install --target=i386-pc --recheck /dev/sda
# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

UEFIマザーボードの場合
Arch Linux Wikiを参考にしてください。

パーティションのアンマウント

# exit
# umount -R /mnt

再起動

# reboot

ディスクを取り出した後、再起動してGrub画面→コンソール画面が出ればOKです。
rootでログインしてください。

ネットワークへの接続確認

ネットワークが接続されているか確認しておきましょう。

# ping -c 3 www.google.com

無事ネットにつながればOKです。
お疲れ様でした。

Sponsored Link

Comment

  1. Habitat より:

    クロさん

    こちらでも、こんにちはっ Habitat です

    Arch Linux インストール記事とても参考になりますっ
    ちょっと、今度見よう見まねで入れてみよかな・・

    昔はタイプ入力が当たり前だったのに、
    それに抵抗を覚えるようになっちゃったなぁ

  2. クロ より:

    Habitatさん

    こんにちは。
    記事を読んで頂いてありがとうございます。

    最近はLinuxでもGUIインストールが当たり前ですものね。
    躊躇するお気持ちよくわかります。(笑)

    ただ、Arch Linuxは公式の説明がものすごい丁寧です。
    仮想環境で一度練習してみてはいかがでしょうか?
    取り返しのつかないことになってもデータ削除するだけですから・・・

  3. 通りすがりの高校生 より:

    記事を参考にインストールさせてな頂きました。ありがとうございます。記事内の
    useradd -m -g user -G wheel -s /bin/bash <ユーザー名>
    のuserはusersではないでしょうか?

    • クロ より:

      こんにちは。

      インストールのお役に少しでも立てれば幸いです。
      ご指摘の点はスペルミスですね。修正しておきます。
      ありがとうございました。

  4. 774 より:

    最初のキーマップをロードするところですが
    loadkeys ja106ではなく
    loadkeys jp106のミスタイプではないでしょうか

    • クロ より:

      こんにちは。管理人クロです。
      ご指摘頂きました通り”loadkeys jp106″のミスタイプです。
      修正しておきました。
      ご連絡ありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 映画と読書を愛するLinuxユーザー
    趣味はプログラミングとPC

    github:Kuro_Code25
    E-mail:kuro.code25@gmail.com

    記事更新のフォローはRSSやTwitterが便利です

    クロの仲間たち
    ※無断転載はご遠慮ください

  • にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
  • クロが作ったAndroidアプリがリリース!
    使いやすい単位変換アプリ

    使いやすい割り勘アプリ

    使いやすい調味料計算アプリ
PAGE TOP ↑