Linuxにソフトウェアをインストールするには?

公開日: : 最終更新日:2014/11/08 Linux全般

 

ソフトウェアのインストールはLinux初心者の多くが戸惑う

こんにちは。
季節はなんとなく春に向かっている感じで、寒いのはブログ主の財布だけのようです。

さて、今回は基本に帰ってLinuxのソフトのインストールを取り上げます。
というのも、XPサポート終了に伴ってWindwosからLinuxに移行した方も多いと思うのですが、初心者の方にとってソフトのインストール方法って結構大きな壁だと思うんです。

「どうやってソフトをインストールするの?tar.gzとかわからん。Vectorにソフトないの?」

という声をよく耳にします。
Linuxには『唯一の決まったインストール方法』がないのが混乱の原因かもしれません。Linuxにおけるインストールの全体像を掴んでいただければと思います。


Windowsと何が違うのか

Windowsユーザーならば「Vector」等のサイトからhogehoge.exeなるインストールファイルをダウンロードしてきてクリックすれば自動でインストールが始まるのを経験済みだと思います。

あるいは、Zipファイルをダウンロードして解凍すると中にhogehoge.exeアイコンが入っていて、それをクリックするとアプリケーションが立ち上がるのも珍しくありません。

だが、Linuxでは、そもそもexeファイルは使えない。
そして、例えばダウンロードしようとサイトに行くと
hogehoge.debとか
hogehoge.rpmとか
hogehoge.tar.bz2だとか
沢山あるけど何をダウンロードすれば良いのかよくわからない・・・。
ここでLinuxへのアプリインストール方法を整理しておきます。

インストール方法は主に4種類

Linuxにおけるソフトのインストールは以下4種類と考えておけばだいたいOK(だと思う)。使用頻度が高い順に並べて置きました。

#1 リポジトリからインストールする

最近のLinuxはこれが基本です。
つまり、必要なソフトは公式リポジトリに揃っているので「Vector」とか「窓の杜」とかからダウンロードする必要ないよーてことです。
パッケージマネージャーがリポジトリに入っているパッケージを探して自動でインストールしてくれます。
こうしてインストールされたパッケージ(ソフト)はリポジトリのパッケージが更新されると自動で更新され、削除も非常に容易です。

使いたいソフトがあるときにはまず、公式リポジトリで探すべきでしょう。
公式に無いときにはサードパーティのリポジトリを追加することを検討するのも良いと思います。
コマンドやGUIインターフェイスの使用方法はパッケージマネージャー毎に異なります。
ディストロやデスクトップ環境でパッケージマネージャーの呼び方も異なります。(これがややこしいのですが・・・)
以下の参考記事を参考にパッケージマネージャーを使ってみてください。
参考記事:Linuxのパッケージマネージャーを集めてみた

■参考コマンド
<インストール>

# apt-get install hogehog (Ubuntu,Debian)
# yum install hogehoge  (Fedora)
# pacman -S hogehoge  (Arch Linux)
# zypper install hogehoge (OpenSUSE)

<削除>

# apt-get remove hogehog (Ubuntu,Debian)
# yum remove hogehoge  (Fedora)
# pacman -Rs hogehoge  (Arch Linux)
# zypper remove hogehoge (OpenSUSE)

#2 ネットからパッケージをダウンロードする

公式のリポジトリには入れられないパッケージなどは
HP上でDebファイルやrpmファイルを配布されることもあります。(周辺機器のドライバ等)
パッケージ配布されているメリットはパッケージマネージャーでインストールと削除が可能なことです。
ただしリポジトリには無いのでパッケージマネージャーは自動更新はされません。
インストール方法は以下のコマンドです。

<インストール>

$ sudo dpkg -i hogehoge.deb
$ sudo gdebi hogehoge.deb
(依存関係をチェックしてインストールする場合)

$ sudo rpm -ivh hogehoge.rpm
$ sudo yum localinstall hogehoge.rpm --nogpgcheck
(依存関係をチェックしてインストール)

<削除>

$ sudo dpkg -r hogehoge
$ sudo apt-get remove hogehoge (推奨)

$ sudo rpm -e hogehoge
$ sudo yum remove hogehoge (推奨)

#3 ネットからバイナリファイルをダウンロードする

この方法はソースが公開されていなかったり、ライセンスの問題が絡んでるソフトに多いです。
ここではSkypeを例に上げて見てみましょう。
公式サイトからskype-4.2.0.13.tar.bz2ファイルをダウンロードします。

これはdebやrpmパッケージじゃないので上記のようなインストール方法ができません。
以下コマンドで解凍して中身を見てみましょう。

$ tar -jxf skype-4.2.0.13.tar.bz2

中にはこんなバイナリファイルが入ってます。

これをREADMEファイルの中身を読んで、自分でディレクトリにコピーする作業がインストール作業です。

※注意:SkypeはDebファイルやrpmファイルも用意してますし
メジャーなディストリビューションではリポジトリに入っていますので、この方法はあくまで例です。

#4 ソースからビルドする

初心者の方にはこの方法はまず必要ない方法です。
しかし、一昔前はLinuxのインストールと言えば自分でソースをビルドすることでした。
メジャーなディストロを使っていればメンテナがビルドしまくってリポジトリにUPしてくれてるので、
私達はその恩恵に預かるだけで済みます。

しかし、どーーーしても、リポジトリにもないしネットでパッケージも配布してない場合。
例えばhogehoge.tar.bz2というソースファイルをダウンロードしてきたとしましょう。
そんな時は自分でソースをビルドします。
一般的には以下コマンドでビルドしてインストールしていきます。

$ tar -jxf hogehoge.tar.bz2
$ cd hogehoge
$ ./configure
$ make
# make install

削除するには以下コマンドを実行

# make uninstall

しかし、玄人の方はともかく初心者の方にはオススメしません。
というのもシステムをクリーンに保ちながら削除するのは至難の技だからです。
そこのところはITエンタープライズさんの記事を参考にしてください。

ビルドしたソフトをパッケージマネージャーで扱うには・・・

では、ソースからビルドしたソフトを他のパッケージと同じようにインストールしたり削除したりするには、どうしたら良いのでしょうか?
答えは簡単です。
自作パッケージを作ってしまえば良いのです。
自作パッケージの作成については今後、当ブログでも取り上げようと思います。
関連記事:
–>意外に簡単!Debパッケージを自作する方法
–>ソースからビルドしたソフトをLinuxでクリーンに管理する方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • まだデータがありません。

  • 映画と読書を愛するLinuxユーザー
    趣味はプログラミングとPC

    github:Kuro_Code25
    E-mail:kuro.code25@gmail.com

    記事更新のフォローはRSSやTwitterが便利です

    クロの仲間たち
    ※無断転載はご遠慮ください

  • にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
  • クロが作ったAndroidアプリがリリース!
    使いやすい単位変換アプリ

    使いやすい割り勘アプリ

    使いやすい調味料計算アプリ
PAGE TOP ↑