Fedora 21に日本語入力uimを導入する

公開日: : Fedora

 

こんにちは。今回のテーマは『Fedora 21に日本語入力uimを導入する』です。日本語入力はuim!というuim派の方のお役に立てばと思い今回の記事を書きました。個人的にはFcitxが好きですが、たまには気分を変えてuimというのも悪くないかも知れません。
【関連記事】
Fedora 21に日本語入力fcitx-mozcを導入する



【目次】
fcitxとfcitx-anthyのインストール
ibusからfcitxへの切り替え設定
Fcitxの設定

uimとuim-anthyのインストール

以下のコマンドでfcitxと設定ツール、fcitx-anthyをインストールしておきましょう。

$ sudo yum install uim uim-qt uim-gtk3 uim-gtk uim-anthy

※KDE環境の場合はパネルアプレットのツールバーも使えるのでuim-kdeも入れておくと良いかも知れません。

他のIMからuimへの切り替え設定

ibus + GNOME環境の場合はひと手間必要

GNOMEの場合にはibusをデフォルトのIMとして統合されているので、im-chooser等の設定が反映されないようになっています。以下のコマンドで統合を解除しておきましょう。

$ gsettings set org.gnome.settings-deamon.plugins.keyboad active false

case1: im-chooserによるIMの切り替え

上記の手順でインストールすると自動的にim-chooserがインストールされているはずですので、GUIで切り替えたい方にはim-chooserをおすすめします。もしインストールされていない場合は以下のコマンドでインストールして下さい。

$ sudo yum install im-chooser

以下コマンドでim-chooserを起動します。

$ im-chooser

04

case2: imsetting-switchによるIMの切り替え

imsettingsによる切り替えも可能です。もし入っていない場合は以下コマンドでインストールします。

$ sudo yum install imsettings

以下コマンドでuimに切り替えます。

$ imsettings-switch uim

設定が終わったらログアウトして再ログインします。

uimの設定

ツールバーの表示設定

GNOME環境でしか確認できていませんが、uimをインストールしただけではツールバーは表示されませんでした。そこで以下フレーズを~/.bashrcや~/.zshrcもしくは~/.bash_profileなどのファイルに書いておきます。

$ vim ~/.bash_profile

以下フレーズを追記

uim-toolbar-gtk
# kdeの場合は
# uim-toolbar-qt

これでシステムを再起動すればツールバーが表示されます。
05

uimの設定

ツールバーの設定ボタンを押すか、以下のコマンドで設定画面を起動します。

$ uim-pref-gtk

KDEの場合は以下の方が好ましいと思います。

$ uim-pref-qt

初期の設定でも使い勝手は悪くないですが、自分の好みにカスタマイズして使いやすくしましょう。
01

使用する入力メソッドの選択

ツールバーのアイコンでanthyを選んでおきましょう。以後は全角/半角キーで半角英数字と日本語を切り替えられるようになります。
02
これでfcitx-anthyによる入力が可能になりました。
03

最後に

Fedoraを使っている方は標準のGNOME環境の方が多いのかなと勝手に思っているのですが、GNOMEの場合はibusが良くも悪くも統合されており、個人的な好みが別れるところだと思います。もしibusが使いづらい場合はFcitxやuim等の選択肢もあります。本記事がお役に立てば幸いです。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 映画と読書を愛するLinuxユーザー
    趣味はプログラミングとPC

    github:Kuro_Code25
    E-mail:kuro.code25@gmail.com

    記事更新のフォローはRSSやTwitterが便利です

    クロの仲間たち
    ※無断転載はご遠慮ください

  • にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
  • クロが作ったAndroidアプリがリリース!
    使いやすい単位変換アプリ

    使いやすい割り勘アプリ

    使いやすい調味料計算アプリ
PAGE TOP ↑