CentOS 7にFcitxを導入してanthyやmozcを使う

公開日: : 最終更新日:2015/01/28 CentOS

 

こんにちは。今回のテーマは『CentOS 7にFcitxを導入してanthyやmozcを使う』です。CentOSの日本語入力は標準でibusが入っていて、ibus-kkcによって日本語入力に特別困ることは無いのですが、他のディストロでfcitxを使っているユーザーの中にはCentOSでfcitxを使いたい方も多いのではないでしょうか?
【関連記事】
CentOS 7.0にibus-mozcをインストールする
Fcitxのスキンを自分の好みにカスタマイズする



【目次】
Fedora 19のrpmパッケージを活用する
Fcitxのインストール
    rpmパッケージの準備
    インストール
    設定ツールのインストール
入力メソッドエディタ(IME)のインストール
    設定ツールのインストール
    fcitx-anthyを使う場合
    fcitx-mozcを使う場合
Fcitxへの切り替えおよび設定
    切り替え
    設定

Fedora 19のrpmパッケージを活用する

例によってCentOSの公式リポジトリにはfcitxはありません。そこで今回はFedora19のrpmパッケージを活用することにします。ただfcitx-mozcについては一部openSUSE13.2のパッケージを活用します。理由はFedoraの公式リポジトリにfcitx-mozcのパッケージが無いからですが、その辺りの詳しいことはFedora 21に日本語入力fcitx-mozcを導入するをご覧ください。

Fcitxのインストール

rpmパッケージの準備

rpmfind.netにアクセスしてFedora19用のパッケージから以下のrpmパッケージをダウンロードします。パッケージの末尾がfc19.x86_64.rpmですのでお間違いのないようにご注意下さい。

  • fcitx-4.2.8-1.fc19.x86_64.rpm
  • fcitx-data-4.2.8-1.fc19.noarch.rpm
  • fcitx-gtk2-4.2.8-1.fc19.x86_64.rpm
  • fcitx-gtk3-4.2.8.3-1.fc20.x86_64.rpm
  • fcitx-libs-4.2.8-1.fc19.x86_64.rpm

また、設定ツールとして以下をダウンロードしておきます。

GNOMEやXfce等のGTK系のデスクトップ環境の場合
fcitx-configtool-0.4.7-1.fc19.x86_64.rpm

KDE等のQt系の場合
kcm-fcitx-0.4.3-2.fc20.x86_64.rpm

インストール

以下のコマンドでインストールしましょう。長いコマンドですが依存性を解消するためパッケージをまとめてインストールした方が楽です。(コマンドは一行です)

$ sudo yum localinstall fcitx-4.2.8-1.fc19.x86_64.rpm fcitx-data-4.2.8-1.fc19.noarch.rpm fcitx-gtk2-4.2.8-1.fc19.x86_64.rpm fcitx-gtk3-4.2.8.3-1.fc20.x86_64.rpm fcitx-libs-4.2.8-1.fc19.x86_64.rpm

設定ツールのインストール

GNOMEやXfce等のGTK系のデスクトップ環境の場合

$ sudo yum localinstall fcitx-configtool-0.4.7-1.fc19.x86_64.rpm

KDE等のQt系の場合

$ sudo yum localinstall kcm-fcitx-0.4.3-2.fc20.x86_64.rpm

入力メソッドエディタ(IME)のインストール

fcitx-anthyもしくはfcitx-mozc使いたい方をインストールすればOKです。

fcitx-anthyを使う場合

anthyを使う場合はrpmfind.netからFedora19用の以下のパッケージをダウンロードします。

  • fcitx-anthy-0.2.0-2.fc19.x86_64.rpm
  • anthy-9100h-23.fc19.x86_64.rpm

以下のコマンドでインストールします。

$ sudo yum localinstall fcitx-anthy-0.2.0-2.fc19.x86_64.rpm anthy-9100h-23.fc19.x86_64.rpm

fcitx-mozcを使う場合

fcitx-mozcの場合はFedoraのリポジトリを使えないので少々厄介ですが、openSUSEのリポジトリを活用すればOKです。今回はopenSUSE

rpmパッケージの準備
まず以下のFedora19用のrpmパッケージをダウンロードします。

  • protobuf-2.5.0-4.fc19.x86_64.rpm
  • zinnia-0.06-16.fc19.i686.rpm
  • zinnia-tomoe-0.06-16.fc19.x86_64.rpm

次に以下のopenSUSE13.2用のrpmパッケージをダウンロードします。

  • protobuf-2.5.0-4.fc19.x86_64.rpm
  • mozc-1.15.1868.102-1.4.x86_64.rpm
  • fcitx-mozc-1.15.1868.102-1.4.x86_64.rpm
  • mozc-gui-tools-1.15.1868.102-1.4.x86_64.rpm

mozc,ibus-mozcの削除
もし現在ibus-mozcを使っている場合はパッケージの衝突を起こすので削除しておきましょう。

$ sudo yum remove mozc ibus-mozc

インストール
以下コマンドで先ほどダウンロードしたパッケージをまとめてインストールします。(コマンドは一行です)

$ sudo yum localinstall protobuf-2.5.0-4.fc19.x86_64.rpm zinnia-0.06-16.fc19.i686.rpm zinnia-tomoe-0.06-16.fc19.x86_64.rpm mozc-1.15.1868.102-1.4.x86_64.rpm fcitx-mozc-1.15.1868.102-1.4.x86_64.rpm mozc-gui-tools-1.15.1868.102-1.4.x86_64.rpm

Fcitxへの切り替えおよび設定

切り替え

GNOMEをお使いの場合はibusとの統合を解除します。

$ gsettings set org.gnome.settings-deamon.plugins.keyboad active false

以下のコマンドでibusからfcitxへ切り替えます。

$ imsetting-swich fcitx

設定

以下のコマンドで設定ツールを起動します。(KDEの場合はkcm-fcitxを起動)

$ fcitx-configtool

日本語キーボードの下にanthyかmoxcの入力メソッドエディタ(IME)を設定します。
Anthy
01

Mozc
02

インライン入力できない時の設定
入力した時に文字が直接入らず、別の窓でしか表示されない場合は以下の設定を試して下さい。
設定画面で「アドオン」を選択肢「拡張」にチェックを入れます。Fcitx XIM Frontendを選択して「設定」を押します。
03
XIMでOn The Spotを使うにチェックを入れ「OK」を押します。

Fcitxを再起動します。
05

これで入力出来るようになりました。快適なLinux生活をお楽しみ下さい。
fcitx-anthy
06
fcitx-mozc
07

最後に

少々強引なやり方でしたがCentOS 7でFcitxを使えるようにしました。パッケージの依存性の問題は2015年1月現在のものですので、システムアップデートでFedora 20のパッケージが使えるようになる可能性もあります。

Sponsored Link

Comment

  1. Habitat より:

    クロさん
    こんにちは病床よりw Habitat です

    いつもためになる記事をありがとうございます
    Fedora や CentOS の fcitx-mozc はずっとできればいいなとおもってた課題だったので今回や Fedora の記事も私にとっては金言ですっw

    ぜひ導入してみたいと思います

    ちなみに、CentOS6.x も、fcirx-mozc いけたりするんですかね?
    vine linux リポジトリ参照の方法だと ibus-mozc はいけそうですが・・

    • クロ より:

      Habitatさん
      こんにちは。どうぞお大事になさって下さい。

      CentOSの日本語環境整備など需要ないかなと思っていたのですが、うれしいお言葉ありがとうございます。
      バイナリ互換性の問題を考慮すれば本来ならSRPMからインストールすべきなんでしょうけど今回はrpmパッケージから入れてしまいました。
      使えれば結果オーライかなと思っています。

      残念ながらCentOS 6.xでは試せてません。
      Fedoraのパッケージが使えるとは思いますが・・・バージョンが不明です。スミマセン

  2. tt より:

    vmware-playerゲストのCentOS 7.0でSRPMからインストールのfcitx-mozcで、ここの
    >インライン入力できない時の設定
    を参考にして、いじっていたらインライン入力出来るように成りました。
    昨年の8月に作って放って置いた物ですが。

    • クロ より:

      ttさん

      コメントありがとうございます。
      少しでもお役に立てたなら幸いです。

      また、色々と情報いただき有り難うございました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • まだデータがありません。

  • 映画と読書を愛するLinuxユーザー
    趣味はプログラミングとPC

    github:Kuro_Code25
    E-mail:kuro.code25@gmail.com

    記事更新のフォローはRSSやTwitterが便利です

    クロの仲間たち
    ※無断転載はご遠慮ください

  • にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
  • クロが作ったAndroidアプリがリリース!
    使いやすい単位変換アプリ

    使いやすい割り勘アプリ

    使いやすい調味料計算アプリ
PAGE TOP ↑