LinuxのGUI環境としてウィンドウマネージャーawesomeを使う

公開日: : 最終更新日:2014/08/12 Arch Linux, Debian, Linux全般, Ubuntu

 

こんにちは。今回のテーマは『LinuxのGUI環境としてawesomeを導入する』です。ちょっと気分を変えたくてGUI環境を変えてみました。最近までXfceを使っていましたが、更に軽くて機能の少ないGUI環境にしてみたくてawesomeを導入してみました。いずれ、詳細な使い方を記事にできればと考えています。


awesomeって何?

awesomeとは高機能なタイル型ウィンドウマネージャーです。ウィンドウマネージャなので統合デスクトップ環境ほどの機能はありません。しかし、キーボードを主とする軽快な動作と機能的な画面を提供してくれます。
公式サイト:http://awesome.naquadah.org/
画面は筆者デスクトップ
01

どんな人にオススメなの?

まずGNOMEやKDEなどの多機能でボリュームのあるデスクトップ環境が好きな方にはawesomeは物足りないデスクトップ環境だと思います。アプリケーションの起動からOSのアップデートまであらゆることをマウス操作で行いたい方にも合わないでしょう。では、どんな方にオススメなのか?

  • キーボード操作でほとんどの操作をしたい方
  • 普段はターミナルを開きっぱなしでCUI操作が多い方
  • Webブラウザとエディタがメインの方
  • デスクトップ環境を自分好みにカスタマイズしたい方

上記のように、普段の作業がテキストベースでキーボード作業で様々な操作を軽快にこなしたい方にはawesomeは快適な環境を提供をしているくれると思います。

awesomeの導入

awesome自体はいろいろなディストロで取り入れられており使うことが可能です。今回はArch Linuxへの導入を主な例として紹介したいと思います。

インストール

以下コマンドを実行してインストールします。
Arch Linux

$ sudo pacman -S awesome

Debian系(Debian, Ubuntu等)

$ sudo apt-get install awesome 

Gentoo Linux

$ sudo emerge awesome 

awesomeの起動

ではawesomeを起動してみましょう。LightDMやGDM等のディスプレイマネージャーを導入している場合は非常に簡単です。デスクトップ環境としてawesomeを選び起動するだけです。

もしstartxで起動する方は.xinitrcを編集しましょう。エディタはお好みのもので編集してください。また、日本語のIMの起動に関する記述もここに書いておくと良いです。

$ nano ~/.xinitrc

以下のように編集します。

# Japanese Setting (お使いのIMに合わせてください)
fcitx
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS='@im=fcitx'

# Launch awesome
exec awesome

起動すると図のような画面が立ち上がります。
02

使い方はマニュアルを読みましょう

ここで全機能を紹介は出来ませんので付属のマニュアル(マウスボタンから起動できます)を読むことをおすすめします。
初期設定ではMod4キーはスーパー(Windows)キーが当てられています。
基本的なキーバインドを以下に紹介します。

Mod4-Return :ターミナルを起動する
Mod4-Shift-c :フォーカスのあるウインドウを終了する
Mod4-j  :次のウインドウへフォーカスを移動する
Mod4-k  :前のウインドウへフォーカスを移動する
Mod4-Shift-j  :フォーカスのあるウインドウを次のウインドウと入れ替える
Mod4-Shift-k  :フォーカスのあるウインドウを前のウインドウと入れ替える
Mod4-1  :1番のタグへ移動する
Mod4-2  :2番のタグへ移動する(以下n番タグへの移動は同様)
Mod4-Ctrl-R  :awesomeを再起動する
Mod4-Shift-Q  :awesomeを終了する

より使いやすい環境の整備

以下で紹介する例は筆者の設定例です。awesomeは設定ファイルを編集することで柔軟な設定が可能ですので色々と試してみると面白いと思います。

ターミナルエミュレータの変更

デフォルトのターミナルエミュレーターはxtermですが、見栄えがイマイチなのと設定が面倒なのでsakuraに変更しようと思います。
まず、以下コマンドでsakuraをインストールします。

$ sudo pacman -S sakura

次にawesomeの設定ファイルを編集していきます。

$ sudo nano /etc/xdg/awesome/rc.lua 

以下のように”xterm”の部分を”sakura”に書き換えます。

terminal = "xterm"
⇛
terminal = "sakura"

壁紙を変更する

やはり見た目は大事ですよね。ということで壁紙も変更します。
まずは用意した壁紙用の画像ファイルを/usr/share/awesome/themes/default/にコピーします。

$ sudo cp [画像ファイル] /usr/share/awesome/themes/default/ 

次にtheme設定ファイルを修正しましょう。

$ sudo nano /usr/share/awesome/themes/default/theme.lua 

以下の部分を変更します。

theme.wallpaper = "/usr/share/awesome/themes/default/background.png"
⇛
theme.wallpaper = "/usr/share/awesome/themes/default/[画像ファイル]" 

スーパーキー(windows)+Ctrlキー+Rを押してawesomeを再起動すると壁紙が変わります。
03

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 映画と読書を愛するLinuxユーザー
    趣味はプログラミングとPC

    github:Kuro_Code25
    E-mail:kuro.code25@gmail.com

    記事更新のフォローはRSSやTwitterが便利です

    クロの仲間たち
    ※無断転載はご遠慮ください

  • にほんブログ村 IT技術ブログ Linuxへ
  • クロが作ったAndroidアプリがリリース!
    使いやすい単位変換アプリ

    使いやすい割り勘アプリ

    使いやすい調味料計算アプリ
PAGE TOP ↑